知っていると少しためになる情報を発信しています!

ダイヤのA(エース)沢村栄純の現在の球種や球速は?ナンバーズの種類についても

2021/09/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

野球漫画「ダイヤのA(エース)」の主人公「沢村栄純」

 


 

 
イップスの克服や、
ライバルとの競い合いで日々成長する沢村の姿を見て、
胸があつくなる人も多いのではないでしょうか!

 
今回は「沢村栄純」の球速や球種(ナンバーズ)について、
深掘りしていきます。

※当記事の情報は「ダイヤのA act2」夏の市大三高戦までのものです。

ダイヤのA【エース】沢村栄純のプロフィール

 

プロフィール

 
・名前:沢村 栄純(さわむら えいじゅん)

・生年月日:5月15日

・身長:175cm

・体重:65キロ

・血液型:0型

・所属:私立青道高等学校

・ポジション:投手

・背番号:20(1年夏)→18(2年春)→1(2年夏)

・ヒッティングマーチ:暴れん坊将軍
Perfect HERO(アニメ版)

・投打:左投げ左打ち

・趣味・特技:クワガタ捕り、相撲観戦、釣り

・好きな食べ物:納豆以外なら何でも

 

沢村栄純は単純明快な思考回路をしている、
負けん気の強い性格の熱血サウスポー投手。

 
1年秋時点では球速が130キロに満たなかったものの、
2年夏には140キロを記録。

 

さらに七色の変化球ともいえるナンバーズを操るなど、
ものすごい成長スピードで全国クラスの投手に成長していっています。

ダイヤのA【エース】沢村栄純の投げるナンバーズとは?


 
沢村栄純の投げるナンバーズとは、
もともと投げていた「ナチュラルムービング(くせ玉)」をより進化させたものです。

 
「ナンバーズ」はその名の通り数字のカウントで表現され、
その数字によってボールの変化が異なります。

 

そもそも青道高校に入学するまで沢村栄純は、
ボールの握りを特に気にすることなく投手を務めていました。

 
本人がボールの握りを詳しく知らなかったことや、
人並み外れた肩関節・手首の柔らかさだったこともあり、
上下左右に変化する出所の見えないムービング・ファストボールを意識しないで投げてたんです。

 

その後、ムービングの正体に気づいてからは、
投球フォームや握り方の改善によって、ボールを自在に扱えるようになっていきます。

 
そして1年生の冬期練習時にて、
女房役の御幸和也とボールの握りを試行錯誤し、
さまざまな変化のナンバーズを開発しました。

 

どの数字がどの球種なのかについては、
まだ明確になっていないものもありますが、
物語が進むにつれて判明していくと思われます。

ダイヤのA【エース】沢村栄純の球速や球種(ナンバーズの種類)は?

 
下記は沢村栄純の主な球種(ナンバーズの種類)です。

 

・フォーシーム(ナンバー4)

・ツーシーム(ナンバー2)

・チェンジアップ(ナンバー5)

・カットボール改(ナンバー7)

・スプリット改(ナンバー9)

・スプリット(ナンバー11)

 

ここからは、各球種の特徴についてご紹介します。

 

・フォーシーム(ナンバー4)

 
4本の指をボールの縫い目にかけて握り投げる基本的なフォーシーム(ストレート)です。

最高球速は、2年夏に記録した140キロ

 

青道高校へ入学したときはクセ球(ムービング)しか投げられませんでしたが、
握り方をしり、コントロールに磨きをかけたことで、
純粋なバックスピンをかけて投げることができるようになりました。

 
左ピッチャーでタイミングが取りにくい独特なフォーム、
そしてしなやかな腕の振りが生む強烈なバックスピンのかかったフォーシームは、
沢村栄純の一番の武器といっても過言ではありません!

 

・ツーシーム(ナンバー2)

 
ストレートとほぼ変わらない球速でありながら、
シュート気味に変化しながら少し落ちるのがツーシーム。

指を縫い目に2か所かけて投げる球種で、
現実のメジャーリーグでも多様されるボールです。

 

・チェンジアップ(ナンバー5)

 
沢村栄純の決め球でもある、ナンバー5ことチェンジアップ。

大きな変化はないものの、
ブレーキの利いた球でタイミングを外し、
打者をうち取ることができます。

 
ナンバーズを覚えるきっかけにもなった球で、
落合コーチに伝授された球です。

 

そして自慢のストレートとの球速差は20キロ。

このチェンジアップで緩急をつけることで、
よりストレートが威力を発揮しています!

 

また沢村栄純は通常のチェンジアップよりも球速が速い、
高速チェンジアップも投げます。

 

・カットボール改(ナンバー7)

 
沢村栄純が一年生の時から投げていたカットボールを進化させたのが、
ストレートと変わらない球速から打者の手元で大きく変化する、
ナンバー7ことカットボール改です。

 
もともと投げていたカットボールは、
打者の直前で変化してつまらせる球でした。

しかし、この握りを変えたこのカットボール改は、
球のキレと曲がり幅が格段に上がっています。

 

その切れ味は空振りした打者が球が消えた様に錯覚するほどであり、
後輩キャッチャーの奥村は初見でこの球を受けることが出来ずにそらしてしまいました。

 
フォーシームとチェンジアップに並ぶ、
沢村栄純の決め球の一つです。

 

・スプリット改(ナンバー9)

 
ナンバー9ことスプリット改は、
スプリットとツーシームを合わせたような球です!

スプリットよりも速く、
打者の手元でツーシームのような変化で落ちるのが特徴。

 
打者を打ち取る事は勿論ですが、
低めに決まれば空振りも奪える球種として、
これからの沢村栄純を支える球種になりそうです。

 

ちなみに余談ですがスプリット改は、
2020年にダルビッシュ選手が考案した新変化球「スプリーム」に似ていると話題になりました。

 
スプリームはスプリットとツーシームを融合させた球種だそうなので、
沢村栄純が投げるスプリット改に特徴が似ています。

 

もしかするとナンバー9ことスプリット改は、
ダルビッシュ選手のスプリーム参考に描かれた球なのかもしれませんね!

 

・スプリット(ナンバー11)

 
ナンバー11はチームメイトである降谷暁の得意球でもあるスプリットです。

スプリットは、フォークより落差は小さいですが、
そのぶん球速があり打者の手元でストンと落とすボール。

 

しかし、沢村栄純はまだスプリットのコントロールが定まらず、
試合ではまだ投げずらい球種のようです。

ただ、沢村栄純の一番の武器がストレートということもあり、
もしスプリットが使いこなせるようになったら鬼に金棒状態だと個人的には思います!

ダイヤのA【エース】沢村栄純のナンバーズには未完成の球がある?


 

 
沢村栄純は上記で紹介したナンバーズ以外にも、
まだ未完成のナンバーズがあるようです。

 
名前は出ていても、まだ投げられていない、
指から縫い目を外して投げるゼロシームなどもそれに含まれると思います。

 

もしかしたら女房役の御幸和也が在学中には完成せず、
沢村栄純が高校3年の時にすべてのナンバーズが完成するという展開もあるかもしれません。

今後も沢村栄純の成長がとても楽しみですね(^^♪

まとめ

 
・沢村栄純の球速は、MAX140キロ

・沢村栄純の球種(ナンバーズの種類)は、ストレート、ツーシーム、チェンジアップ、カットボール改、スプリット、スプリット改

・沢村栄純にはまだ未完成のナンバーズがある

※当記事の情報は「ダイヤのA act2」夏の市大三高戦までのものです。

 
↓ダイヤのAの動画は無料で見ることができます!↓

 
オススメ記事

【ダイヤのA】小湊春市が木製バットを使う理由は?前髪を切ったのはなぜなのか

【ダイヤのA】倉持洋一の50m走のタイムや足の速さは?フォームのモデルについても

【ダイヤのA】轟雷市の能力や金のなる木バットの重さは?投手時の球速や球種についても

ダイヤのA(エース)沢村栄純のモデルは沢村栄治?投球フォームは和田毅なのか?

ダイヤのA【エース】降谷暁の現在の球種や球速は?モデルになった人物についても

ダイヤのA【エース】成宮鳴の球種や球速は?フォームやモデルになった人物についても

【ダイヤのA】御幸一也の強肩の送球タイムは?能力やフォームのモデルについても

【ダイヤのA】結城哲也の打撃フォームや名前のモデルは?プロ入りせず大学進学を選んだ理由についても

メジャー(MAJOR)茂野吾郎の球種や最高球速は?成績や記録も紹介!

【タッチ】上杉達也の球種や最高球速は?モデルになった人物についても

H2【エイチツー】国見比呂の球種や最高球速は?成績やモデルになった人物についても

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 毎日の暇つぶしを発信する情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.