知っていると少しためになる情報を発信しています!

ハリーポッター賢者の石の動物園にいた蛇はナギニ?分霊箱にはいつなった?

2019/01/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ハリーポッターに登場するナギニは、ヴォルデモートに仕える巨大な蛇。

 
今回は、そんなナギニが、
ハリーポッター賢者の石動物園にいた、蛇なのではないかという噂について、
また分霊箱にはいつなったのかについて深掘りしていきます。

 
↓ファンタスティックビーストを視聴したい方はこちら↓
➡ファンタスティックビーストの動画を実質無料で視聴する方法
 

ナギニとヴォルデモートの関係

 
ナギニヴォルデモートのペットでもあり、もっとも信頼する側近。

その信頼度は、
ヴォルデモートが何かを好きになることがあるとすれば、それはナギニである」とダンブルドアが語るほど。

 
もしかすると、ベラトリックスは、
ヴォルデモートにそこまで信頼されるナギニに、嫉妬していたかもしれませんね(笑)

 

また、ナギニは、分霊箱の1つであり、
分霊箱の特性で魔法の効力を無力化できるなど、その戦闘能力もかなり高いです。

 
ヴォルデモートがナギニを分霊箱にしたのは、
ナギニを分霊箱の特性で、魔法の耐性を付けさせ、
守りたかったというのもあったかもしれませんね!

ナギニは分霊箱にいつなった?


 
ヴォルデモートから深い信頼と愛情を持たれていたナギニは、
分霊箱にいつなったのでしょうか?

 

ナギニが分霊箱になったのは、劇中の1994年。
 
小説で言えば第4巻の「炎のゴブレット」の時で、
生贄になったのは、バーサ・ジョーキンズ

 

バーサ・ジョーキンズはある時、クラウチ家の秘密をしってしまい、
デスイーターのピーター・ペティグリューに、ヴォルデモートの屋敷へ連れていかれます。

 
その後、ヴォルデモートは、
バーサ・ジョーキンズの心身を修復不可能な状態にし、
ナギニを、分霊箱にするための生贄にしたようです。

 

この時から、ナギニ分霊箱になりました。

ハリーポッター賢者の石の動物園にいた蛇はナギニ?

 
また、ナギニについては、実はハリーポッター一作目
賢者の石に登場していたのではないか?という噂があったようです。

 

ナギニが登場していたと言われるシーンは、
ハリーの従兄であるダドリー達動物園に行ったときに、ハリーが蛇と話すシーン

この話した蛇がナギニだったのではないかと、一時期言われていたそうです。

 

しかし、この噂については、
作者のJ・K・ローリング否定しています。

 

 
ハリーポッターでは、
動物園その後についてどうなったかは書かれていません。

 
しかし仮にナギニが、
賢者の石に登場したその蛇だったとすれば、伏線としては面白かったですよね(笑)

 
↓ファンタスティックビーストを視聴したい方はこちら↓
➡ファンタスティックビーストの動画を実質無料で視聴する方法

まとめ

 
ナギニはヴォルデモートのもっとも信頼する側近
ナギニがバーサ・ジョーキンズを生贄に分霊箱になった
ナギニは賢者の石に登場した蛇とは関係ない

関連記事

死の秘宝でマクゴナガルが使った石像兵隊が動く呪文はなに?その後はどうなったの?
トムリドルはヴォルデモートという名前になぜ変えたの?あんな顔になった理由は?
グリンデルバルドは賢者の石に蛙チョコとして登場していた?弱いと言われる理由は?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 毎日の暇つぶしを発信する情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.