知っていると少しためになる情報を発信しています!

耳をすませばのバロンの本名や恋人の名前は?目の石は宝石なのか?

2019/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ジブリ映画「耳をすませば」が、
2019年1月11日の金曜ロードショーで放送されますね。

 
私も大好きな作品なので、放送されるのが楽しみです!

 

今回は、耳をすませばに登場するバロンの本名や恋人の名前について、
また、目の石は宝石なのか深掘りしていきます。

耳をすませばのバロンの名前

 
バロンの本名は、「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」と言い、
名前の後ろに称号の男爵が付きます。

 
バロンは耳をすませばの劇中でも、本名を名乗っていますが、
映画を観た当時は、名前が長すぎて覚えられませんでした(笑)

 

本名の中にバロンの「バ」の字もないと思ったのですが、
「男爵」って英語で「baron(バロン)」と言うんですよね!

普段バロンと呼ばれる理由も納得です。

 

また、バロンの本名「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」の名前の由来については、
中世末期の帝国騎士である「フランツ・フォン・ジッキンゲン」(1481~1523)からきていると言われています。

 
フランツ・フォン・ジッキンゲンとは、

 

「弱きを助け、強きを挫く」というイメージがあり、
帝国騎士の親分的存在だった人物です。

 
フルンツベルク同様に傭兵隊長としても成功し、
その権力を使ってフェーデを行い、諸侯たちを震撼させました。

 

こんな感じの人物です。

 
バロンは騎士と言われても納得できますし、
「弱きを助け、強きを挫く」というのは、バロンのイメージに合ってる気がしますね!

バロンの恋人の名前と行方


バロンの恋人(貴婦人)の名前は「ルイーゼ」と言い、バロンと対になる白い猫の人形です。

 

 
ルイーゼはバロンと同様、気品のある顔だちをしていますよね。

 
そしてこのルイーゼと言う名前は、バロンの持ち主である西司朗が、
ドイツ留学中に付き合っていた恋人の名前と同じ名前です。

 

バロンの恋人のルイーゼは、
司朗の恋人であった「ルイーゼ」さんが預かっていたのですが、
戦争が始まってしまい、どちらのルイーゼも消息不明になっています。

バロンとルイーゼが、また一緒にいられるようになるといいですね!

バロンの目の石は宝石なの?

 
バロンの目は宝石のようにきれいな色をしている石ですが、
あの目がどんな石なのか気になりませんか?

 

調べてみたところ、バロンの目は雲母片岩(うんもへんがん)と言う、
緑柱石(エメラルドの原石)を含む鉱物のようです。

エメラルドと言えば、5月の誕生石で緑色の宝石ですよね!

 
宝石については詳しくないのですが、
エメラルドが含まれているということですし、値段が高そうな感じがします。

 
バロンを作成するのに、結構お金がかかっているのかもしれませんね(笑)

まとめ

 
・バロンの本名は、「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」
・バロンの恋人の名前はルイーゼ
・ルイーゼは、持ち主とともに行方不明
・バロンの目の石は、雲母片岩

関連記事

耳をすませばの聖司はかっこいいけどストーカー?声優は高橋一生なの?

耳をすませばの杉村はかわいそうだけどかっこいい?告白して振られた理由についても

耳をすませばの雫はおじいさんの恋人ルイーゼの生まれ変わり?その後どうなるのかについても

耳をすませばのバロンの本名や恋人の名前は?目の石は宝石なのか?

耳をすませばの夕子は金持ちで部屋がおしゃれ?杉村とのその後についても

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 毎日の暇つぶしを発信する情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.