知っていると少しためになる情報を発信しています!

【朝ドラ】なつぞらのヒロイン奥原なつは実在した人物?モデルや元ネタはあるのか?

2019/04/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年の4月1日から、朝ドラ「なつぞら」が始まりますね!

 

 
人気女優の「広瀬すず」さんが、
ヒロインをつとめるということもあり、
ドラマの放送を楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

 

今回は「広瀬すず」さんが演じる「奥村なつ」は実在したのかについて、
また、モデルや元ネタはあるのかについて調べてみました。

朝ドラ「なつぞら」のあらすじ

 

1937年(昭和12年)に東京で生まれたなつ(広瀬すず)は、
1945年(昭和20年)に戦争で両親を無くし孤児となるが、
父の戦友である柴田剛男(藤木直人)に引き取られ北海道の十勝へと引っ越してくる。

 
慣れない開拓地や環境に1度は戸惑うが、
負けずに周りに認められるために努力していき、
十勝の広大な大自然と強く優しい人達に囲まれたくましく育っていく。

引用:Wikipedia

ヒロイン「奥原なつ」の役柄


 

 
「広瀬すず」さんが演じるヒロインの「奥原なつ」は、
戦争で両親を亡くし、兄妹とは離れて暮らすことになってしまいます。

その後「なつ」は、父の戦友である「柴田剛男」に引き取られ、
北海道の十勝へと引っ越すことに。

 
幼少期に両親が亡くなり、兄妹とも離れて暮らさなければならないなんて、
とても心細いですよね…

 

そして、小学校に入った「なつ」は、
素敵な馬の絵を描く山田天陽(吉沢亮)に出会います。

 
天陽に、アメリカでは絵が動くアニメーションが流行していることを教えてもらった「なつ」は、
やがて絵を描く仕事に興味を持ち始めることに。

そんな「なつ」は、高校卒業後は上京し、
草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込むことになります。

奥原なつは実在した人物?モデルや元ネタは?

 
朝ドラ「なつぞら」のヒロイン「奥原なつ」は、
実在した人物ではないようです。

 

ただ、公式からの発表はありませんが、
「奥原なつ」には、モデルになったと言われている女性がいます。

 
その女性とは、女性アニメーターとして活躍した「奥山玲子」さん。

 

戦後の1950年代以降に日本アニメの発展に関わった人物で、
日本の女性アニメーターのパイオニアとして活躍した存在なんだとか!

 

「奥山玲子」さんは、家出同然で東京に行き、
叔父さんの紹介で東映動画(現:東映アニメーション)に入ったと言われています。

 
その後は、東映動画第1弾アニメーション「白蛇伝」や、
「母をたずねて三千里」「火垂るの墓」など、役50年間にわたり多くのアニメに携わったそうです。

とてもすごい人物のようですね(^^♪

 

「なつぞら」のヒロイン「奥原なつ」が上京したのも、
終戦から10年経った1955年ですし、年代はおおまかに一致しています。

また、当時女性アニメーターはとても少なったでしょうし、
アニメ界に女性が進出したという点でも、「奥山玲子」さんと「奥原なつ」は似ています。

 
朝ドラ「なつぞら」の放送が始まれば、
さらなる共通点が判明するかもしれませんね!

まとめ

 
・朝ドラ「なつぞら」は、2019年の4月1日から放送開始

・朝ドラ「なつぞら」のヒロイン「奥原なつ」は、
実在した人物ではないが、モデルになったのは「奥山玲子」だと言われている

オススメ記事

なつぞら倉田先生のモデルは誰?実在する人物が元ネタなのか?

朝ドラなつぞらを見逃したけど再放送はいつ?フル動画はネット配信されるの?

新元号の令和の意味や由来は?天皇誕生日(祝日)は変更になるの?

集団左遷(ドラマ)に原作はあるの?キャストやあらすじについても

集団左遷(ドラマ)の主題歌はエレカシの俺たちの明日?歌の評判や発売日についても

UFOのVチューバーCMがうざいしうるさい?主題歌のホルモン原曲の曲名についても

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 毎日の暇つぶしを発信する情報ブログ , 2019 All Rights Reserved.